【すまいValueの評判】大手会社だけを厳選した一括査定サイトを徹底解剖

すまいvalueフロント

所有している不動産を売却したいと思った時、皆さんの多くが次のようなことを思い浮かべるのではないでしょうか?

  • 少しでも高く売りたい
  • できるだけ早く売りたい

インターネットでは、これらの希望に対する有効な手段として、「一括査定サイトの利用」をおすすめしているものが多いです。

確かに、一括査定サイトを利用すると、一気に複数の不動産会社に査定依頼ができるので、とても便利です。

ただ、最近はたくさんの一括査定サイトが出てきているので、「どの一括査定サイトを使ったらいいか分からない」という人も多いようです。

そこで今回は、都心部に不動産をお持ちの方向けにイチオシの不動産売却一括査定サイト「すまいValue」について、ご紹介します。

さらに、都心部の不動産を「少しでも高く」「できるだけ早く」売却するのに押さえておきたいポイントと注意点についても解説していきます。

うり男
国内トップ3の不動産会社に査定依頼ができる唯一の一括査定サイトだよね!
家売る博士
そうだね!今回は、そんな「すまいValue」の評判や活用法を解説するよ!

公式サイトから査定依頼したい方は下記をチェック!!
(簡単60秒査定)
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

目次

「すまいValue」とは?気になる会社概要

運営会社

都心部にある不動産を売却するなら、ぜひ使ってほしいのが「すまいValue」です。

「すまいValue」の最大の特徴は、国内で唯一、国内トップ3の不動産会社3社に査定依頼ができることです。

不動産売却一括査定サイトの多くが、サイトを運営する第三者と不動産会社が提携して、サービスを提供します。

けれど、「すまいValue」の場合は、日本を代表する最大手の不動産会社6社が運営している一括査定サイトなのです。

「すまいValue」の6社の取り組み

「すまいValue」は次の6社が運営している不動産売却一括査定サイトです。

  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 住友不動産販売株式会社
  • 東急リバブル株式会社
  • 野村不動産アーバンネット株式会社
  • 三菱地所ハウスネット株式会社
  • 小田急不動産株式会社

「すまいValue」6社の業績は後程詳しく紹介しますが、名前を見ただけでも大手というのが分かるほど、有名な会社ばかりですね。

さらに、「すまいValue」のサービス方針を知ると、「すまいValue」が大手の不動産会社によって運営されているという理由以外にも、その良さを理解して頂けるので、ここでは、「すまいValue」のホームページ上に公開されている「私たち6社の取り組み」についてご紹介します。

私たち6社の取り組み

私たちは1984年に「オープンマーケット」という団体をつくり、不動産をより安全に、安心して取引できる世の中を目指して、会社の垣根を越えてさまざまな取り組みを行ってきました。

不動産売買契約におけるルールづくりや、万が一取引した建物に瑕疵(かし)があった場合の保証制度を時代に先駆け導入するなど、30年余りに渡って、お客様の立場に立ち、正面から取り組んできたこれらの活動は、今、業界のスタンダードとして定着しています。

引用:https://sumai-value.jp/about/

「すまいValue」6社だけで国内不動産流通の4割を占める?

実は、国内の不動産流通は、「すまいValue」6社だけで40%以上を占めています。

不動産の取引は、人口が多い都市部に集中する傾向があります。

この数字を見ただけでも、都市部に不動産を所有している人に「すまいValue」を強くおすすめする理由をご理解いただけるのではないでしょうか?

「すまいValue」は大手不動産会社が運営する一括査定サイト

大手6社を厳選

地元の不動産会社と比較した場合、都心部にある不動産売却に大手不動産会社を活用することには、デメリットを考慮しても余りあるメリットがあります。

ですから、査定の依頼先には最低でも1社は、大手不動産会社を入れた方が良いと言えるでしょう。

そう考えると、やはり「すまいValue」は断然おすすめです。

ここからは、「すまいValue」の特徴や注意点についてご紹介します。

大手不動産会社に必ず査定依頼ができるのは「すまいValue」だけ

「すまいValue」は、次の国内最大手の不動産会社6社のみが査定サービスを行う一括査定サイトです。

  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 住友不動産販売株式会社
  • 東急リバブル株式会社
  • 野村不動産アーバンネット株式会社
  • 三菱地所ハウスネット株式会社
  • 小田急不動産株式会社

他の一括査定サイトは、提携している不動産会社の数を競っているところがありますが、「すまいValue」は上記の大手6社が運営し、査定をしてくれる一括査定サイトです。

特に、三井不動産リアルティネットワーク、住友不動産、東急リバブルの国内TOP3とも言える不動産会社には、「すまいValue」でしか依頼できません。

また、「すまいValue」で査定できる物件種別は、次の通りです。

  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • 一棟マンション
  • 一棟ビル
  • 一棟アパート
  • その他

ご覧の通り、「すまいValue」が対象としている不動産種別は多岐にわたり、他の不動産一括査定サイトと遜色はありません。

不動産仲介の部門で実力No.1の三井不動産リアルティが「すまいValue」に参画している点だけを見ても、「すまいValue」で査定依頼する価値は十分にあります。

また、「すまいValue」のメリットを理解して頂くには、「すまいValue」を運営している不動産会社の実績を見ていただけると明らかです。

下記に「すまいValue」を運営している6社の2019年3月における年間仲介手数料の取扱高および手数料収入、店舗数を表記しています。

    

会社名売上業界順位取扱高(百万円)手数料収入(百万円)店舗数
三井不動産リアルティ1位1,424,32075,609275
東急リバブル2位1,211,56548,379158
住友不動産販売3位1,065,65456,303257
野村不動産グループ4位713,57428,02872
三菱地所ハウスネット8位195,1377,5349
小田急不動産20位39,7161,80119

こちらは、公益社団法人不動産流通推進センターの2017年不動産業統計集を参考にしています。

データ公表のない野村不動産アーバンネット株式会社と、三菱地所ハウスネット株式会社は、それぞれ、野村不動産グループ、三菱地所リアルエステートサービスのデータを参考にしています。

「すまいValue」には、業界トップ3の会社が参画しています。

つまり、「すまいValue」に依頼すれば、自動的に業界トップクラスの信頼と実績のある会社に査定依頼できるということになるのです。

「すまいValue」を利用する上での注意点

すまいValueの注意点

「すまいValue」は都心部の不動産の売却の際にぜひ活用してほしい一括査定サイトですが、「すまいValue」を利用する上で気をつけておいてほしいこともあります。

「すまいValue」のデメリット=大手不動産会社のデメリット

「すまいValue」を運営している不動産会社は、いずれも大手ですが、大手不動産会社のデメリットの1つである、ビジネスライクという点が人によってはネックになることがあります。

ビジネスライクであることの一例として、不動産会社にとって条件の良い顧客が優先されることがあるという点がありますが、仲介手数料の点においても、それを感じる人がいるかもしれません。

なぜなら、大手ほど仲介手数料の値引きをしない傾向にあるからです。

大手の不動産会社は営業マンのノルマがきつく、値引きに応じるのが難しいのです。また、仲介手数料を死守するように指示されていることも多く、値引きの話を切り出した途端、態度が急変する営業マンもいます。

この点は、「すまいValue」を利用する際に念頭に置いておいてください。

「すまいValue」の評判

すまいValueの評判

「すまいValue」を実際に利用した人の好い評判も悪い評判もここではダイジェストで公開します。

60代女性の口コミ【良い評判】

とても便利なサービスでした!

昨年、祖父母が立て続けに他界し、所有していた不動産を相続しました。

家族と話して一旦査定をしてもらおうということになり、不動産業者を探してましたが、親族に不動産業界に詳しい者もいなかったので、ネットで調べていたところ、大手不動産会社6社に一度に査定依頼ができる「すまいValue」を見つけました。

「すまいValue」は簡単な不動産情報を入力するだけで、査定依頼ができるので、とりあえず査定をしてもらいたいと思っていた私には、とても便利なサービスでした。

30代男性の口コミ【良い評判】

担当者の対応がとても丁寧でした!

将来、住み替えをすることを前提に、現在の物件がいくらくらいで売れるのか知りたくて、「すまいValue」を利用しました。

「すまいValue」では、大手の不動産会社が、全国規模のネットワークを活用して、物件の査定をしてくれます。

実際に、「すまいValue」で査定依頼してみて感じたのは、一社の不動産会社に査定をお願いするより、高い査定額が期待できるということです。

担当の人の対応もとても丁寧で、数年後に実際に売却する際にも、「すまいValue」を利用したいと思いました。

40代男性の口コミ【良い評判】

売却から住み替え先の決定まですんなり進めることができました!

若いころから転勤が多く、引っ越しは何回もしているので、色んな不動産会社にお世話になりました。正直に言えば、中には、引っ越し後のケアなどがまったくない無責任な不動産会社もありました。

けれど、「すまいValue」の6社は、他の不動産会社とは違うなという印象です。「すまいValue」で依頼できる不動産会社は、国内大手なだけあって、安心感が違います。

特に、引っ越し先の相談をした際に、要望通りの物件情報が多く、売却も住み替え先も一気に決められて本当に助かりました。

20代女性の口コミ【良い評判】

納得のいく売却をすることができました!

住んでいたマンションを売却することになり、夫と相談しながら、インターネットでいろいろと調べていたところ、「すまいValue」を見つけました。

担当になってくれた営業マンはとても親切で安心できる人でした。不動産の売却は、初めてだったので、何から何まで不安なことだらけでしたが、都度親身になって相談に乗ってくれたので、納得のいく売却をすることができました。

50代女性の口コミ【良い評判】

予想以上の金額で売却でき、次に住む家を購入する足しになりました!

現在の住居に暮らすことが難しくなり、引っ越しをする必要が出てきたのですが、長く住んだ家で愛着もあり、できれば高く売りたいと考えていました。

ただ、どこに売却のお願いをすれば、スムーズに進められるのか分からず、悩んでいました。

そんな時に、親戚から「すまいValue」は大手の不動産会社に一括査定ができるから便利だと教えてもらい利用してみることにしました。

査定依頼方法は簡単で、レスポンスも早く、最も高値を付けた会社に売却依頼をしました。

家を売却する事を近所にも知られたくなかったので、訪問査定を夜にしてもらうなど、配慮してもらえて助かりました。金額も予想以上に高く、次に住む家を購入する際の足しになりました。

60代男性の口コミ【良い評判】

1ヶ月で想定以上の価格で売却することができました!

両親が他界して10年以上が経ち、住む当てがないまま空き家になっていました。

このままだと、固定資産税や管理費などがかかるので、売却しようと思ったのですが、地方都市にある築古の物件ということで、なかなか希望の金額で交渉に応じてくれる買い手が付きません。

困り果てて知人に相談したところ、「すまいValue」は大手がやっている一括査定サイトで評判もいいと教えてくれて、使ってみることにしました。

「すまいValue」を活用して、大手の売却力、集客力は違うなと実感しましたね。1ヶ月ほどで想定以上の価格で売買が成立した時は、本当にほっとしまいた。

売却に関する手続き上の細かな点も担当の方がアドバイスしてくれたので、スムーズに不動産売買することができました。

30代男性の口コミ【悪い評判】

郊外の物件を苦手にしていると感じました!

「すまいValue」を活用してみて、郊外の物件については、あまり得意ではないのか?と感じました。

また、割引キャンペーンなども実施していません。

40代女性の口コミ【悪い評判】

4社しか査定依頼ができませんでした!

友人が「すまいValue」で高く売却できたと言っていたので、私も利用してみました。

率直な感想は、地域によって差が出そうというものです。実際、東京に物件を所有していた友人は「すまいValue」で6社すべてに査定依頼ができたようですが、私は4社へしか査定依頼ができず、そこが残念でした。

 

公式サイトから査定依頼したい方は下記をチェック!!
(簡単60秒査定)
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

不動産売却で失敗しないコツ

失敗しないコツ

ここからは、都心部に不動産をお持ちの方が、「すまいValue」6社のような大手不動産会社を活用した方がいい理由を詳しく説明してきます。

都心部、地方に限らず、不動産売却には、不動産会社に仲介してもらい、買主を探す方法が一般的ですが、その際、「どの不動産会社を選ぶか?」というハードルにぶつかる人もいるでしょう。

「全国的に知られている大手の不動産会社がいいのか?」はたまた、「地元の不動産会社がいいのか?」迷ってしまいますよね。

不動産会社選びに失敗しないことは、不動産売却を成功させるのにとても重要なので、都心部に不動産を所有しているあなたにとって優良な不動産会社を選ぶ際に、知っておくべきことをお伝えします。

大手か?地元か?が不動産会社選びで重要な理由

不動産会社選びで避けては通れないのが、「大手の不動産会社にするのか?地元の不動産会社にするのか?」というものです。

なぜ、この選択が大切になるかというと、一見、同じ業務をしているように見える不動産会社でも、得意分野や考え方が大きく異なるからです。

このことを踏まえて、提携する不動産会社を選んでいる不動産売却一括査定サイトもあります。

そのため、利用する一括査定サイトによって、マッチングする不動産会社の数が全然違ったり、査定額が大きく異なるといったことが起こるのです。

大手と地元の不動産会社どちらにするかの判断基準

会社選びの判断基準

大手の不動産会社にするか、地元の不動産会社を選ぶか?の決断は、不動産売却を成功させるために重要です。

ここでは、大手の不動産会社と地元の不動産会社の特徴を比較して、都心部の物件の場合、どちらを利用すべきか考えます。

ずばり、不動産会社選びで押さえるべきポイントは、集客力と情報力です。

大手と地元の不動産会社は次の4つの点で大きく異なります。

  • 資金力・宣伝力
  • 集客力
  • 地域特性への理解
  • パートナーシップ

資金力・宣伝力

不動産を売却するとなると、売りに出す物件を宣伝するための販売活動が必要になります。

その宣伝力を支えるのが資金力ですが、この点に関しては、大手不動産会社の方が地元の不動産会社より有利であると言えます。

というのは、大手不動産会社は規模が大きいため、それだけ抱えている顧客も多く、資金力があり、情報が集まりやすく、売却活動をするときにより多くの買主候補の目に留まりやすいからです。

集客力

集客力についても、感覚的に「大手不動産会社の方が有利なのではないか?」と考えている人もいるかもしれませんが、そうなると、地元の不動産会社が倒産しないのが不思議ですよね。

地元の不動産会社は、しっかりと地域に根付いた営業を元気に行っています。また、地元の不動産会社には、特有の有力顧客や人脈、情報があります。

不動産業はスケールだけでなく、質の高い情報をいかに早く、多くキャッチできるかも戦力の1つです。

大手の不動産会社の情報が広く、浅くなりがちな一方で、地元に密着している不動産会社は、ご近所さんの情報や地域のお宝情報などを把握していることも多いです。

ですから、物件によっては、売却の話を持ち掛けた時点で、その話を持って行く相手が頭に浮かんでいるとういことも、実は結構多いのです。

地域特性への理解

不動産はその名の通り、動かすことができない資産なので、必然的に不動産がある地域特性の影響を受けます

そのため、顕著な特徴がある地域などは、その特性を熟知しているか否かで成否が別れることもあるのです。

地元の不動産会社は、大手の不動産会社に比べて、その地域にしか営業拠点がない分、そういう地域の特性に詳しいことが多いです。

パートナーシップ

不動産会社とのお付き合いは売買が成立するまでの期間続きますし、大きな金額が動くので、「信頼関係を築けるか」というのは意外に大切です。

大手の不動産会社はビジネスライク、地元の不動産会社は親身になってくれると言われることが多いです。そのため、大手の担当者の当たり外れはけっこう多いと聞きます。

以上、大手と地元の不動産会社の特徴を4つのポイントから見てきましたが、ご自分が所有している不動産の売却はどちらに依頼するべきか何となく検討が付いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

個人的には、都心部にある不動産を売却する目的で査定依頼をする場合には、1社は大手の不動産会社を入れた方がいいと思います。

というのは、都心部の不動産というのは、他の地域や他県などに住んでいる人の中にも購入希望者がいるからです。

東京などになると、海外の投資家も購入希望者の中に入ってくるので、商圏はかなり広くなります。

ですから、都心部の不動産の売却依頼を地元の不動産会社だけに絞ってしまうと、取りこぼしが多くなるのです。

大手不動産会社のメリット

大手のメリット

都心部にある不動産を売却するなら、大手不動産会社への依頼は必須と言えます。

そこで、大手不動産会社に売却を依頼する際のメリットを整理しました。

  • 顧客数が多い
  • 潤沢な資金
  • 選択肢が広い

顧客数が多い

大手と聞くと「なんとなく安心かな?」と思う人が多いように、不動産業界でも、不動産を購入したい、売却したいと考える人たちの多くが真っ先に『大手』を思い浮かべるので、結果的に、大手不動産会社の顧客数の母数は多くなります

顧客数が多いということは、買主となる候補者も多いということですから、広い地域から注目される都心の不動産の売却は大手の不動産会社にお願いした方が良いと言えるでしょう。

潤沢な資金

都心部の不動産売却を成功させる秘訣は、どれだけ多くの人の目に触れるかということです。

そういう意味では、大手の不動産会社は、潤沢な資金力をもとに宣伝費をかけて、大々的に宣伝をできるので、売買が成立する可能性が高くなります。

選択肢が広い

大手の不動産会社は、全国規模で顧客を抱えています。

都心の不動産は、別の地域の人の中にも購入希望者がいることが多く、そんな人たちと接点を多く持っているのは、やはり大手不動産会社です。

大手不動産会社の最大の強みは、ご覧の通り、スケールメリットに尽き、都心の不動産とは相性が良いと言えるでしょう。

大手不動産会社のデメリット

大手のデメリット

では、大手不動産会社の気になるデメリットはなんでしょうか?こちらも見ていきましょう。

  • 両手仲介になる可能性がある<
  • 良い顧客に注力しがち
  • ビジネスライク

両手仲介になる可能性がある

大手不動産会社は、買主、売主双方の顧客をたくさん抱えています。そのため、自分の顧客から買主を見つけようとする傾向が強いです。

なぜ、そうするかというと、売主も買主も自分の会社の顧客の中から賄うことができれば、両方から手数料をもらえるからです。こういった取引は「両手仲介」と呼ばれています。

両手仲介だと不動産会社は売主の利益だけでなく、買主の利益も考慮しなくてはならないので、そのことが、売主にとってデメリットになることがあります。

不親切な不動産会社の場合は、「囲い込み」といって、最初から売却物件情報を不動産業界のデータベースに登録せず、自社だけで売買を完結させようとすることもあります。

「囲い込み」は違法行為であり、リスクが高いため、大手の不動産会社でこのような行為をする会社はほぼないとは思いますが、こういった現実があることは知っておいて損はないでしょう。

良い顧客に注力しがち

先ほど、顧客数が多いことをメリットとして紹介しましたが、場合によっては、これがデメリットになることもあります。

というのは、顧客数が多いということは、不動産会社にとっても選択肢が多いということになり、例えば、「安くても早く売りたい」といった不動産会社にとって条件が良い顧客が優先されることが多いのです。

ですから、売却条件として厳しい内容を提示していると、後回しにされ、売却が決まるまで時間がかかってしまう可能性もあります。

ビジネスライク

条件の良い顧客が優先される傾向があると分かると、売主の中には「冷たいな」と感じる人もいるでしょう。

あまりにも不動産会社側がビジネスライクだったりすると、信頼関係を築くのが難しいと感じる人がいるかもしれません。

まとめ:都心の物件なら「すまいValue」は使うべき

業界最大手の不動産会社が運営する「すまいValue」は、都心部にある不動産を売却するには、うってつけのツールです。

「すまいValue」6社の店舗が存在するエリアなら、大手不動産会社の実力をしっかりと感じられると思います。

評判から見ても「すまいValue」は都心向き

地方の郊外などは、残念ながら「すまいValue」はあまり役に立たないかもしれませんが、都心であれば、「すまいValue」が最強の一括査定サイトというのは間違いないでしょう。

「すまいValue」を活用することで、大手不動産会社ならではの保障サービスを受けられるのも魅力です。

査定は無料なので、都心の不動産を売却する際には「すまいValue」を使うことを強くおすすめします!

公式サイトから査定依頼したい方は下記をチェック!!
(簡単60秒査定)
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です